妊活に参考になる本

わたし39歳で「閉経」って言われましたの感想と参考になる情報

本屋さんをフラフラしていて気になったこの早発閉経の本。AMHが低い私としては他人事じゃなくてつい買ってしまいました。

39歳でAMHが0.2,閉経が近いと知らされた筆者の方のコミックエッセイ。漫画メインなので、さらさら読めて読みやすかったです。

てか、35歳でAMHが0.5を出した私。39歳で0.2って全然ありえるんですけど

、、、どうしよ。

早発閉経とは?

閉経の平均年齢は?

平均の閉経年齢は約50歳だそう。それより早く閉経してしまうことを早発閉経というそうです。なかには20代で閉経してしまう方もいらっしゃるのだとか。

私の場合、この筆者の方と同じくらいのAMHの下降をたどってしまいそうな予感。40歳くらいで閉経しちゃうんだろうか。そう思うと怖いです。

FSHの基準値

月経3〜7日目の数値でFSHが3.5〜12.5mIU/ml。

閉経期は26.2mIU/ml〜と。

私、もっと高い数値叩き出したことあるなあ。。。

こういうのって「早発卵巣不全」または「早発閉経」といわれるそうなんですが、私も完全に当てはまっている気がします。

更年期の症状

ほてり、白髪が増える、抜け毛など。

そういえば、30代前半から白髪や抜け毛が気になってて、最近はほてりも気になってました。私も立派な更年期症状かもしれない。。。

早発閉経への対処法

筆者が試したのは、以下のような方法。

早発閉経対策のサプリメント

・DHEA←卵巣機能低下の改善になると欧米では人気。ただし日本では売ってない。

過剰摂取すると悪影響もあるので、医師に相談の上服用が推奨。

・高麗人参←自律神経の改善に効果があるそう。

本にオススメされてたのはこのリプサっていうところの高麗人参でしたよ。

 

・命の母

私も命の母ホワイトを以前飲んでいたのですが、この系統はホルモンバランスの乱れには確かに効く気がします。

【口コミ】命の母ホワイトで生理前の不正出血が改善した話2

早発閉経対策 運動編

 

早発閉経には、卵巣周りの血流を良くすることが大事!

姿勢の悪さは卵巣に流れ込む血流を悪くしてしまう。

他にも卵巣に良い立ち方、座り方など絵で載ってるのでとてもわかり易いです。

・しっかり脚を地面につけて座れる高さに椅子を調整する。

・普段の何気ない姿勢を正しいものにする

など、日常生活で気をつけるポイントも多数。

普段の歩き方も大事で、歩くときは後ろ脚に力を入れ、お尻や太ももに力を入れて

大幅でしっかり歩くことがポイント。

足湯より腰湯が効果的

妊活には足湯も良いと言いますが、卵巣、骨盤周りを温めるためには腰湯が効果的だそう。46〜47度のお湯を溜めて体育座りで入り、額に汗が滲んできたらOK。5分程度でも良いそうです。

私はお風呂でお湯をかなり少なめにしてやってみましたが、湯冷めが全然しなくて普通に全身浴でしっかり入るよりも良い感じ!これから冬に活躍しそうです。

お湯がおへそあたりまででそれ以上入れないのがポイント。

温活に良いのは生姜ココア

この本でオススメされてるのは、生姜ココア。

すりおろしょうが、ココア、甘みはハチミツで。

私はこれはまだ試してないのですが、確かに良さそう!
作るの面倒な人には既成品もありましたよ♡

他にも色々良い情報が

他にも、早発閉経に限らず妊活中の女性には良い情報が満載でした。

妊娠にも大きく影響するという自律神経の整え方や、たんぱく質多めの食事の重要性など、

「妊娠を望むなら知っておきたいこと」が満載。

とくにAMHが低めで悩んでる人には読んで欲しい一冊です。
クリニックに頼り切りになるのではなく、自力で妊娠力を上げたいと思ったら読んでおいて損はないと思いました。

 

 

2人目不妊だって大変そうだ

この筆者の方は2人目不妊で悩まれ、不妊治療にもチャレンジされたのですが結局は授かることができませんでした。

でも、こういう状況って「1人いるからいいじゃない」って言われてしまうことが多いと思うんです。でも、それってどうなんだろう。

自分は今、1人も子供がいなくていろいろ思うことはあるし、1人目不妊と2人目不妊は全然違うという意見もよくインスタなどでは見るのだけど、2人目不妊の方のほうがある意味では大変じゃないかなって思ったりもします。

1人もいなければ、「子供できない体質なのかな」って相手が察してくれてそれ以上何も言われないことも多いけど、1人既にお子さんがいたら「出来て当たり前」という態度で周囲が接してくるだろうし、子供から「きょうだいが欲しい」ってプレッシャーかけられるのも辛そう。
子供がいない状況でもこんなにタイミング取るの大変なのに、子供いてタイミング法頑張るとか不妊治療で通院通うためにお子さん預けるとか相当大変だろうなっていうのは想像できます。

どんな状況でも、悩みって尽きませんが……目の前のできることをやっていくしかないですね。

私はこの冬は腰湯を取り入れて乗り切っていきたいな。