不妊治療クリニック通院

東京都が不妊治療の助成金拡大へ

以前記事にしましたが、35歳未満なら人工授精や不妊の検査の助成金が

【最新版】2017年秋スタートの東京都の不妊治療助成金と子なし税について

年齢が40歳までに拡大、助成金も増えるそうです。

対象となる検査は夫の場合

精液検査、内分泌検査、
画像検査、精子受精能検査、
染色体・遺伝子検査など

妻の場合、

超音波検査、内分泌検査、
感染症検査、卵管疎通性検査、
フーナーテスト、子宮鏡検査 等

あと、待機療法(タイミング指導)、薬物療法、人工授精 等だそうで、

体外受精は対象外だそう。

こっちは年収制限がないので、使える人多そうですね!

私は年齢的に無理だったけど、これって今からでも何か使えたら嬉しいけど。

体外受精に関しても、夫婦の所得が730万円から905万円にアップするそうです。

730万円って額面だと900万円ちょっとになるようですが、都内で共働きしていたら超えてしまう家は多い、というか「その収入じゃ都心で子ども作れない」って思ってるえ人は多そうな気もします。

所得905万円って年収ベースだと1100〜1200万くらいでしょうか。

これも、共働き夫婦だと思いっきり超えてしまいそうな気がしますがちょうど微妙な壁で引っかかってた人には朗報ですよね。

小池知事、ありがとうございますだなあ。