子宮頸がんのこと

子宮頸がんのクラスと南麻布ウィメンズクリニックのこと




こんにちは、みどりです。ここ数日、生理前のPMS症状に悩まされています。
追記!命の母ホワイトで生理前の症状がかなり改善した話


私は子宮筋腫持ちで、さらに以前、健康診断で子宮頸がんの検査に引っかかり、クラスⅡとの診断。近所の婦人科で再検査したところ、専門医での診断を勧められて子宮頸がんの名医のいる病院を検索したところ広尾の南麻布ウィメンズクリニックの清水先生が良いという評判を沢山見かけました。それ以来ずっと同じ病院に通っています。

もう3年くらいになりますかね……。最初に検査結果がクラスⅡ〜Ⅲのような曖昧な感じで出たときは「私が癌!?」と目の前が真っ暗に。精密検査でガン化はしていないことが分かったのですが、子宮頸がんがガン化するかどうかは罹患しているウィルスの型によるというのがこちらの清水先生の意見。それでHPVウイルスの検査したのですが、残念ながらガン化しやすいと言われている型にかかっていることが判明。このタイプの型にかかってしまうと自然治癒は見込めないとのこと。

悪化したら日帰り手術と言われているのですが今のところ、ずっとクラスⅠとⅡの間を行ったりきたりで3ヶ月おきの検査が続いています。3ヶ月おきに検査って、けっこうたいへんなんですよね。というのが、待ち時間の長さがすごいんです。

南麻布ウィメンズクリニックについて


私の世代は婦人科のトラブルが増える世代。未婚の子も、既婚の子も、子宮頸がん検診や乳がん検診で引っかかって要観察になっている子が多いです。

「実は子宮頸がん検診で引っかかって」
「私も」
「どこの病院行ってる?」
「広尾の南麻布ウィメンズクリニック」
「私も。そこでレーザー手術したよ」
「私は杏雲堂。血が固まりにくい体質だから手術できなくて。光に当たらない治療で今度入院するんだ」

こんな話題が交わされるくらい、身近に多くて。
子宮頸がんって遊んでる子がかかるような噂が流れたから、みんな公にしないだけで、検査で引っかかってる人ってかなり多いのではないかと思います。

南麻布ウィメンズクリニックの待ち時間

自分の周囲でも何人か通ってる子のいる南麻布ウィメンズクリニックですが、予約制とはいえとにかく待ち時間がすごいです。最大で、10時半に着いたら出れたのは4時ってことがありました。5時間半……!
朝一でも受付時間前に何人も並んでいるし、日帰り手術の方もいるので平日でも2,3時間で済んだらラッキーというくらい待つんですよね。

子宮頸がんの検査費用も高い……

子宮頸がんの検査には2種類。綿棒で細胞をこそげとる「細胞診」ともっと本格的な「組織診」があります。私が受けてるのは検査自体も細胞をブチッと取って調べる「組織診」というものなので費用も毎回2万円弱くらいかかるし、検査のあとはお酒や湯船も3日禁止になるし、かなりテンション下がっちゃいます。生理のときは受診できないし、つい行きたくなくなってしまうのですが間が空くと一気に進行するケースもあるそうなのでそこはサボらず行かないといけないなと思っています。