妊活

妊活中、ムカつく夫に離婚の危機になるような喧嘩回避と家庭円満術の話

突然ですが、掃除が超苦手です。

というか一人暮らしのときは極力掃除しなくていいように

「女性の家とは思えない」と引かれるくらい物を置かない家で暮らしていたのですが夫と同居するようになってそうもいかず。

折衷案として週に2回くらい家事代行を頼んでいたのですが

仕事やめたのでさすがにそのペースで呼ぶのは気まずい感じに。

男性並に働くのは全然平気だけど、家事、とくに掃除と洗濯物たたむのが嫌い過ぎて掃除用具すらどこにあるか分からないくらい、自分で掃除してなかったので、代行をストップしたら家が急に荒れ果ててしまいました。

やばすぎてさすがにアップできないかもだけど、撮っておけば面白かったかな。

先週は連日お掃除の人に来てもらって家がようやく片付きました。

夫も第三者が入ると(か来客があるとか)

さすがに片付けしないとマズイというか、

文句言えないからやるんですよねー。。。

それにしても、掃除が仕事になる人ってやっぱすごいです。

ぐちゃぐちゃだった棚の中のものを全部出して、整理して戻して、

ってみるみるうちに綺麗になっていって。

家が綺麗だとイライラも減りますね。

あの方くらい私も家事能力高かったら良かったのになあ。

なんて思いつつ一緒に片付けしてて見つけたのがこちらの本。

採卵~移植周期の流れのなかで、全くスケジュールに理解がなく不妊治療が他人事で自分の遊びの予定ばっかり入れまくってる夫にブチ切れてしまって以降冷戦状態なのですが、

っていうか、妊活中に夫にムカつかない女性っているのかな。いたら尊敬しちゃうな。隣の家族は青く見えるの松ケンみたいに理解ある夫なんて実在するんかしら。

って思っちゃうんですけども。

今日読んで「これは参考になるかも!」と思えた本が冊あったので紹介しますね。

「ベスト・パートナーになるために」

かなり前に出て話題になった本ですが、今でも当てはまります。

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)

というか、男と女ってずっと分かり合えないってことか(涙)

男は火星から、女は金星から来た。

そのくらいお互いに違うということを理解しよう、という本。

男をうまく動かすには

「タイミングをよく見計らって声をかける」

「手短に、要件だけ伝える」

のが大事。

男はストレートに言わないと気付かない。

例えば「車の中に忘れ物しちゃって」と妻が言った場合、(だから取ってきて欲しいの)と妻は期待していますよね。でも、男性は「車の中に忘れ物したんだ。間抜けだなあ」くらいしか思わない。

つまり、男性は「察することができない」というのはもちろんのこと、「自分の役割を明確にされないと動かない」と言えると思うんですよ。

「通院で予定が見えない」って私が事実を訴えても夫には通じなかったわけです。「通院で不安だからせめて土日は予定を入れないで」とかちゃんと要望を明確に告げていれば良かったのかもしれないですね。この場合も、辛いって訴えても通じないから「黙って聞いて欲しい」とか細かく言わないとダメなんでしょうけども。

私ばっかり改心するのも何かムカつくんですけど。。。

まあ、この手の本って夫に「読んで」って言って読ませようとしてもまず読まないので、本当は男性が自らこういう情報にたどり着いてくれるのがベストなんですが、さりげなく机の上に置いておくとか、カバーをかけた状態でカバンに入れておくとかすると、黙って読んでくれる可能性はあるのかも?

あと、家事代行の件で思いましたが2人だけで話すよりも第三者を交えて話したほうが男性も聞いてくれやすいかもしれませんね。もちろん、誰でもいいってわけじゃなくて、その人が素直に聞きそうな人間を選ぶ必要があると思いますが。

男性ってやっぱり数字や権威とか裏付けがしっかりしてるものに弱いから、そういうのをちゃんと説明できる人がいいんでしょうね。

「私は悪くない!」ってお互いに思ってると進展しないし、夫の操縦法、もっとうまくなりたいものです。

【関連】
不妊治療中の夫の気持ちって?

【口コミ】妊活本はどれがオススメ?AmazonUnlimitedで色々読んでみました

妊活レシピ 葉酸摂取編

【妊活用葉酸サプリの口コミ】ピニトール配合のベジママ